ナース

看護師って感動するような場面に出会う事もあるけど、逆に看護師になった事を後悔したり、今後この仕事を続けるのも悩むほどに辛い出来事に遭遇する事もありますね。

看護師の仕事をしていると、患者さんの様々な人生模様を見ることが出来ますし、その中から学ぶ事も多いですね。

 

また、患者さんとの関わりなどから感動する場面も多くあります。

 

瀕死の状態の患者さんが一命を取り留めたときなど、本当に嬉しく、看護師になって良かったと思えますね(*^_^*)

 

あまりに嬉しくて家族さんと泣きながら喜びあってしまうこともあります。

 

しかし、看護師の仕事は楽しいことばかりではありません。

 

今まで、何度看護師の仕事をやめようと思ったことか…( ;´Д`)

 

看護師になりたての頃は、患者さんの死が毎日のようにあることが辛かったですね。

 

亡くなった患者さんのエンゼルケアをした直後に、他の患者さんには笑顔で接しなければならない。

 

その気持ちの切り替えが辛く、何事もなかったかのように仕事をしなければならないことが、「死」というものに鈍感になって行くような気がして辛かったんです…>_<…

 

人の命を救える仕事だと思っていたけど、実際は救えない命の方が多く、辛い思いばかりでした。

 

看護師なんてならなければ良かった…って思うこともありました。

 

また、看護師の職場は、派閥があったり、イジメがあったり、人間関係が悪い職場が多いですよね。

 

新人の頃は、キツイ仕事ばかり押し付けられたり、先輩から無視をされたり…(・_・;

 

先輩同士のトラブルに巻き込まれることもありました。

 

先輩たちは、それぞれに看護師としてのプライドを持って働いているため、ぶつかり合うことも多いんですよね。

 

人間関係の精神的なストレスって、とても疲れますね(;´Д`A

 

仕事の疲労やストレスに、精神的なストレスが重なってくると、ネガティブな発想になりがちです。

 

看護師の世界は自分にはついていけない、看護師は自分には向いていないのではないだろうか…と悩むこともしょっちゅうあります。

 

もう看護師は辞めてしまおうか…そんなことに何度も遭遇しながら、今まで看護師を続けてきました。

 

いくら辞めることを考えても、やっぱり看護師の仕事ほどやりがいのある仕事はないだろう…って思い今に至っていますねf^_^;